『イル・ミーチョ』は完全オーダーメード制の靴と革小物を中心としたブランド。
『イル・ミーチョ』とはイタリア語で”子猫”を意味する。
猫をこよなく愛する深谷は、かの気高い生き物のように誰にも媚びず、自由な精神で自らの靴づくりを追求したいという想いを込めこの名をつけた。
 
ブランドのアイコンである、顧客一人一人に合わせて丹念に作られたその靴は、まさに世界に一つしかない一点ものである。足に吸い付くようなフィット感と、しなやかで美しいライン、エレガントでセクシーなデザイン、蠱惑的な雰囲気を持つ。

幼い頃からもの作りが大好きだった深谷は、デザイン学校在学中より靴づくりに興味を抱き、名古屋の靴職人のもとで修行する。卒業後ファッションデザイナーとして活躍したものの、『誰にもまねできない、自分にしかできないもの作りがしたい』と考え、ビスポークの靴職人になることを決意、単身イタリアに渡る。シエナの靴職人のもとで修行を積み、卓越したセンスと探究心の強さで腕を上げた。
99年『イル・ミーチョ』を立ち上げ、自らの靴づくりをスタートさせた。やがてその才能をフィレンツェの老舗ショップ『タイ・ユア・タイ』のオーナーであるフランコ・ミヌッチ氏に認められ、その助力を得て日本人として初めて海外にビスポークのショップをオープンさせる。また同ショップのシューズデザイナーやその他の有名セレクトショップのシューズデザインも手がけ、
そのデザインセンス・才能には高い評価を得ている。
修業時代から現在まで常に彼の頭を占めてきたのは『世界一美しい靴を作ること』である。『世界一美しい靴』とはデザイン・バランス・それを支える確かな技術、そして何よりもそれを履く人に大きな喜びをもたらす靴である。
その確かな技術は小物にも反映されており、コバの処理からデザインに至るまで深谷のこだわりが随所に感じられる。素材は、ヤギや牛などエイジングを楽しめる革素材だけでなく、PVCを取り入れていることも特徴のひとつ。ブランドモチーフである、子猫が描かれたマーブル柄には深谷の遊び心が垣間見える。小銭、ベルト、トートバック等アイテムの幅は広く、用途にあわせて様々な人に『イル・ミーチョ』の世界観を楽しんで頂けるラインナップになっている。

Interview掲載

OPENERS
PERMANENT STYLE
JAPANTIMES
WWD
pen

18SS COLLECTION “Missmatch”

昨年の秋冬コレクション発表から始まった100%手編みの“Boho”シリーズ。
3シーズン目となる今回は、これまでに作り続けた中から発見した様々なテクニックをより複雑に、より構築的に作りこみ進化させた。
今までは直線的だったものを、編み目増やし・減らしの技術を駆使することで、より曲線的なものを作ることを可能にした。ドラムバッグ、ワンショルダー、メッセンジャーポストマンバッグ等新しいアイテムを作り出した。
色の組み合わせにより様々に表情が変化するのも、この製法ならではの楽しみである。

OTHER BRAND